クローズ就労とは

クローズ就労とは?

障害のある方が、自らの障害を開示せずに就職することをクローズ就労、障害を開示して就職することをオープン就労といいます。(障害者求人枠)
ハローワーク求人には、一般枠求人と障害者枠求人がありますが、障害者枠求人(障害者雇用)を利用するには、手帳を取得している必要があります。
そのため、障害はあっても手帳を取得していない障害のある方は、一般枠での就職となります。一般枠での就職であっても障害を開示し、働くことが可能です。
クローズ就労とは、一般枠であって、なおかつ障害を開示せずに働くことをいいます。
(手帳を取得している障害のある方は、障害者枠、一般枠どちらの求人も利用することができます。)

メリット・デメリット

クローズ就労のメリット・デメリット

メリット

・幅広い職種・仕事内容の求人がある
・オープン就労より賃金が高い場合が多い

デメリット

・障害や病気を隠している為、いつか知られてしまうのではといった不安がある
・定期通院や仕事内容での配慮を受けづらい
・障害や病気の特性や症状の理解が周囲から得づらい
・支援機関からの支援が得られない

給料面が良いというのがクローズ就労の最大のメリットですが、必要な配慮や支援が受けられないため、オープン就労に比べて職場定着率が低いという調査結果もあります。
どちらもメリット・デメリットはある為、自分にはどちらの方があっているのか、一人で考え込まず、就労移行支援事業所などの支援機関を利用し一緒に考えていきませんか。

福岡市博多区の就労移行支援事業所ていくでは、就職に関する相談も受け付けています。一人で抱え込まず、一緒に考えていきましょう!

 

前のページに戻る

TOP
TOP