就労移行支援事業所の現状

就労移行支援事業所の現状

令和元年度の厚生労働省発表データでは、全国の障害者総数は約964万人で、そのうち身体障害者は436.0万人、知的障害者は109.4万人、精神障害者は419.3万人となっています。
障害者数全体は増加傾向にあり、また、在宅・通所の障害者は増加傾向となっています。
その中で、就労移行支援事業所の対象となる、18歳~64歳の在宅者数は約377万人です。内訳としては身体101.3万人、知的58.0万人、精神217.2万人となっています。

就労系障害福祉サービス(就労移行支援事業所・就労継続A型・就労継続B型)から一般就労への移行者数は、毎年増加しており、令和元年では初めて2万人を超える数の障害者が一般企業への就職を実現しています。
また、サービス利用終了者に占める一般就労への移行者の割合(移行率)を見ると、就労移行支援事業所からの移行率は年々増えています。

就労移行支援事業所の役割

全国には3000事業所を超える就労移行支援事業所があり、就労移行支援事業所を利用して就職先を見つける人も大幅に増加しています。
事業所ごとに、PCに特化していたり、障害種別に特化していたり、資格取得ができるなど、様々な特色があります。
また、2年という期間の中で就職しなければならないため、自分に合った事業所選びはとても大切です。(就労移行とは

ていくは福岡県福岡市の中心地、博多区に事業所を構える就労移行支援事業所です。
事務職に特化しており、PC操作の訓練だけでなく、ビジネスマナーや体力向上に力を入れています。(ていくの特徴

 

福岡市、福岡市近郊で就労移行支援事業所をお探しの障害をお持ちの方、またそのご家族や支援者の方、福岡市博多区の就労移行支援事業所「ていく」で一緒に訓練してみませんか?
社会人経験豊富なスタッフがサポートさせていただきます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

前のページに戻る

TOP
TOP