STORY-03

Tさん(20代・女性)

障害・病気名:知的障害
利用期間:1年1ヶ月
就職先:サービス業(企業内社員向けカフェ接客・清掃)

ていく入所のきっかけ

以前、別事業所に通っていたのですが、知り合いに新しく工賃がもらえる就労移行ができると聞いて興味をもち、見学・体験に行きました。
働いたことがない為、働いて工賃がもらえるということ、支援員の方がとても明るくて、コミュニケーションも沢山とれそうなところに惹かれ通うことに決めました。

一番好きだったプログラム

運動プログラム ヨガ
理由:運動やヨガはもともと好きでした。でも、一人では中々できなかったので、皆で出来て楽しかったです。ずっと肩こりに悩んでいましたが、無くなったのが嬉しかったです。

ていくに来る前と来てから、変わったこと・身についたことは何ですか?

メモが取れるようになったこと、報連相ができるようになったことです。
以前通っていた就労移行で企業実習に行った際、メモがとれないこと・報連相ができないことを指摘されました。ていくでは模擬就労があり、仕事の指示や報連相を行う場面が毎日あるので、クセづけることができました。
企業実習先で、メモがとれていることと、報連相のタイミングが良いと評価をいただいたときはとても嬉しかったです。

色々な会社へ見学・実習へ行き、学んだことや気づきはありますか?

これまで、働いたことがないので、あまりイメージがつかなかったけど、実際に見学や実習に行くことで、働くイメージをもつことができました。皆さん責任感をもって働かれていることがわかりました。
また、1人で働くわけではないので、他者とのコミュニケーションは大切だと思いました。
これからは明るい笑顔を意識して頑張りたいです。

スタッフより

Tさんは、ていくが開所して最初に通所を開始された利用者さんでした。

とても素直で、指摘されたことも納得すればすぐに実行に移す行動力もあるため、一つ一つのことに対し、何故必要なのか、どうしてこのタイミングなのか、丁寧に説明しながら訓練を続けてきました。「どういう時にやるのか分からないから出来ない」状態だった報連相も理由を理解することと反復練習で自然とできるようになりました。

初めての就労ということで、不安な点も沢山あると思いますが、しっかりとサポートしていくので、持ち前の丁寧さ、素直さを生かし一緒に頑張りましょう!

 

前のページに戻る

TOP
TOP