自己分析を行い障害の理解、説明ができるようになろう

自己分析とは

自分のことを知らない相手に、自分という人物の特徴等を伝えられるようにするという目的があります。 またこのことを面接の場で、思い付きで話すのではなく、事前に整理しておくことで相手が理解しやすい形で伝えることができるようになります。

障害者雇用で大切な自己分析

障害者求人枠(障害者雇用)であっても一般求人であっても自己分析が大切なことは変わりないのですが、障害者求人枠(障害者雇用)で特に必要となる自己分析とはなんでしょうか。

障害者求人枠(障害者雇用)では、職場内での配慮のため、自身の障害についてや配慮してもらいたいことを説明する必要があります(合理的配慮)。
また、その際に配慮してもらいたいことだけでなく、「こうしたらできる」や「これは苦手だけどこれは得意」ということをしっかりと企業にアピールする必要があります。
これは日ごろからしっかりと自己分析をおこない、得意不得意や自身の障害について他者に伝えられるようにしておかなければなりません。

ていくで行う自己分析・自己理解

自分を理解する

日々の訓練の中で、様々なシチュエーションの作業や座学、ロールプレイを行い、自分の得意・不得意をみつけていく。

場面に応じた対処法を知る

どんな場面でストレスや不安を感じるか、どう対処するか対処法を学び、習得する

過去と向き合う

過去の振り返りを行い、これまでの行動パターンや思考パターンを知る

客観的目線を持つ

日々の訓練を日報で振り返り、その日一日の行動を振り返ったり、支援員からのコメントで他者からのフィードバックを得る

自分一人で行うのはなかなか難しい自己分析。
福岡市博多区の就労移行支援事業所ていくで一緒に取り組んでみませんか?
お気軽にお問い合わせください

 

前のページに戻る

TOP
TOP